遊戯王ゴールドカード ブラックカード プラチナカード

遊戯王カードの中でもよりすぐりのゴールドカード、ブラックカード、プラチナカードに類するものを調べてみました。魔空要塞ジグラート :ドーマ編で登場したモンスターカード。ドーマの三銃士アメルダの切り札であり、アメルダが持っている人形をした要塞。魔法カード「魔空合進」の効果で3体のモンスターを生け贄に捧げた場合のみ召喚でき、魔法、罠を受け付けず、自分のエンドフェイズごとに攻守0の「トイロボット」トークンを召喚する。また、相手は「トイロボット」トークンを必ず攻撃しなければならない。
これには、ゴールドカードやプラチナカードが良いようです。
古代竜(エンシェント・ドラゴン)
KCグランプリ編、マスク・ザ・ロックが城之内とのデュエルで使用した。「古の扉」「古の巨人」「古の書物」がフィールドに存在するときに「古の都」により特殊召喚できる古代の秘宝のような幻のモンスターカード。また、「古の扉」を出現させるには「古の鍵」と、表示形式を攻撃、守備、攻撃と3回変更した「石の巨人」トークン2体を生贄に捧げなくてはならない。「エンシェント・ドラゴン」は「古の都」が存在する限り、何度でも蘇り、相手モンスターを破壊した場合、相手守備モンスターを全て破壊する特殊効果をもつ。
特殊召喚が大変なモンスターであるのに、攻撃力2800と見返りは少ないが、その達成感をマスク・ザ・ロックは楽しんでいた。勝負に必死な城之内に向けてのメッセージを持ったモンスターでもある。必殺技はゴールデン・ボンバー。
ノルンの三姉妹「女神ウルドの裁断」「女神ヴェルダンディの導き」「女神スクルドの託宣」
KCグランプリ編で登場した永続魔法。ジークの愛用カード。「スクルド」は未来を司り、1ターンに一度相手のデッキの上から3枚を見て順序を入れ替える。「ヴェルダンディ」は現在を司り、1ターンに一度相手デッキの一番上の種類を言い当て、正解した場合そのカードはフィールドに(モンスターの場合、裏守備表示で)セットされる。「ウルド」は過去を司り、1ターンに一度相手のリバースカードを言い当て、正解した場合ゲームから除外する。
ジークはさらに「ニーベルングの指輪」を装備させてコントロールを奪い、相手にドローフェイズに2枚引かせ、モンスターカードが含まれる場合そのカードを捨てさせた。そして、「英雄の架橋−ビヴロスト」により除外させたカードの数だけ「ワルキューレ−ヴリュンヒルデ」の攻撃力を500アップさせるという、カード抹殺コンボを完成させた。
シュトロームベルクの金の城
KCグランプリ編で登場した永続魔法。ジークがレオンに渡し使用させた。テキストデータを書き換えているため、通常のテキストにはない効果をもつ無敵のカード。毎ターン、レベル4以下のモンスターカードをデッキから特殊召喚でき、お互いのターンに強制的に戦闘を行う。相手モンスターが攻撃してきた場合、それを無効にし、そのモンスターの半分の攻撃力を相手プレイヤーに与え、破壊する。さらに自分が支払わなければならない、ターンごとにデッキの半分を墓地に送るというコストを相手に変更している。また、このカードは魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊されない。
破壊竜ガンドラ
記憶の世界でのバクラとのデュエルで遊戯が使用したドラゴン族カード。自分も含むフィールド上の全てのカードを破壊する効果を持つ。共通効果として召喚ターンしか存在することができないが、絶大な効果を有しており、その名の通り正に破壊竜である。遊戯が使うには凶悪すぎるカードであったが、これはアテムとの決別を意味したカードでもある。必殺技はデストロイ・ギガ・レイズ。
ブラック・マジシャン 声:小嶋一成
アテムの愛用カードにして彼のデッキの象徴ともいえるモンスターカード。このカード自身には特殊効果は無いが、豊富なサポート魔法を使用できる為、様々なコンボを狙える。なかでも4つのシルクハットの内1つに姿を隠す「マジカルシルクハット」が有名である。弟子の「ブラック・マジシャン・ガール」登場後、単体での活躍の場は減ったが、重要な場面では弟子と共に登場する事が多い。必殺技は黒魔導(ブラック・マジック)、魔導波、魔連弾。
ブラック・マジシャン・ガール 声:大浦冬華、中尾友紀
アテムの愛用カードの一つ。デュエルモンスターズの全カードの中でもトップクラスの人気を誇る。バトルシティ編で初登場後は、最終話までアテムの主力として活躍した。アニメでは自らの意志を持っている描写が見られ、オレイカルコスの力に捕らわれたアテムを悲しい眼で見たり、デュエルモンスターの精霊が集う異世界デュエルモンスターズ界に案内したりした。必殺技は黒魔導爆裂破(ブラック・バーニング)と師ブラック・マジシャンとの同時攻撃、黒爆裂破魔導(ブラック・バーニング・マジック)。 クリボー 声:石橋美佳、たがみかおり
遊戯の愛用カードの一つ。攻撃力・守備力は最弱クラスだが、手札から捨てることでプレイヤーの身代わりとなったり、魔法カード「増殖」と組み合わせることによって無数に増殖する事が出来る。遊戯はこのコンボで何度もピンチを切り抜けている。外見も鳴き声も可愛い、この作品のマスコット的なモンスター。炎の剣士 声:吉川寛司
城之内の初期の愛用カード。特殊効果は持っていないが、城之内の所有カードの中ではトップクラスの攻撃力を持っていたため、このカードを使用する機会は多かった。城之内は大抵「サラマンドラ」で攻撃力をアップさせて使用した。原作では王国編以降は登場していないが、アニメでは乃亜編で城之内のデッキマスターとして登場した。必殺技は闘気炎斬剣。

遊戯王 カード比較 ブラックカード

遊戯王にはいろんなカードがありますね。カードを比較してみるのも面白いかもしれません。ちなみに遊戯王の物語、あらすじは、千年パズルと呼ばれる誰も解いたことのないパズルを祖父から貰ったいじめられっ子のひ弱な少年・武藤遊戯が、遂に解いた。、そのとき彼は闇遊戯と呼ばれる大胆不敵なもう一つの人格と、あらゆるゲーム(遊戯)のスペシャリストという技能を手に入れ、世の中にはびこる悪を、負ければ精神破壊等の恐ろしい罰ゲームが待っている過激なゲームを駆使して退治していく闇の番人となった。だが、海馬瀬人ら宿敵達とのカードバトルマジック&ウィザーズ対決を経るうちに、闇遊戯は次第に自分の正体が「千年パズルに封印されていた、古代エジプト代18王朝のファラオの魂」であることに気付いていくというものです。ブラックカードが効果的です。
ガーディアン・エアトス
ドーマ編で登場し、「女神の聖剣」が自分のフィールド上に存在する場合召喚できる。また、自分の墓地にモンスターが存在しない場合、生贄は不要となる。ラフェールの切り札で、聖剣のソウルにより相手の墓地からモンスターカードが出る限り取り除き、その攻撃力を得ることができる。この効果により攻撃力は10000となり、遊戯は攻撃を受け敗北した。このカードが戦闘によって破壊された場合、「ガーディアン・デスサイス」を守備表示で特殊召喚できる。必殺技はフォビデン・ゴスペル、精霊のオペラ。
『遊戯王』に存在するカードの中で「BMG」と同等に根強い人気を持つ女の子モンスターである。
ガーディアン・デスサイス
ドーマ編で登場し、「エアトス」が墓地に埋葬されたときに特殊召喚された。ラフェールの負の怨念が具現化された歪みの象徴のモンスターである。召喚されたとき「死神の大鎌」が装備され、自分の墓地に存在するモンスターカード1枚につき攻撃力を500ポイントアップする。墓地に送られた場合でも手札を1枚捨てることで復活する不死者。「デスサイス」が存在する限り、プレイヤーはモンスターを召喚・特殊召喚することはできない。また、攻撃時にプレイヤーの「デスサイス」以外のモンスターを墓地に送る。ラフェールは「服従」「魂狩りのデスエンド」を使用し、相手に守備表示をさせないようにした。必殺技はフォビデン・レクイエム。
これらにおいてもブラックカードは世界最強と言われています。

遊戯王デユエルモンスターズ カード

遊戯王デユエルモンスターズは原作のカードゲームを再現したトレカ商品が大人気を呼んだことをきっかけにリメイクされたTVアニメ作品です。毎週火曜19:28〜(途中から19:30〜)だったが、のちに毎週水曜18:30〜に放映時間が変更になっている。制作はテレビ朝日版の東映からnasへと変わり、スタッフはキャラクターデザインを担当した荒木伸吾、姫野美智以外はほぼ刷新された。主人公武藤遊戯の声優にジャニーズJr.の風間俊介を起用したのを皮切りにテレビ朝日版とは大幅にキャストが変更された。本作はリメイク作品とは言っても、1話ではいきなりライバルの海馬戦をダイジェストにまとめたものを放送し、2話以降は早くも王国編が開始されるなど、カードバトル以外の原作エピソードはほとんど省略・改編されている。また、劇中に登場するカードも一部を除き実商品をスキャンして全く同じものを登場させるなど、実商品とのコラボレーションを強調する手法が採られていた。原作では最後のカード戦以外の展開となった「ドラゴン・ダイス&ダンジョンズ編」は、内容を若干アレンジして「ダンジョンダイスモンスターズ編」として放送されたほか、オリジナル展開で「デュエルモンスターズクエスト編」「乃亜編」「ドーマ編」「KCグランプリ編」が放送された。また、ソリッド・ビジョンシステムを駆使したデュエル・ディスクなどの設定は、原作とアニメでは違いがあります。原作『遊☆戯☆王』は1998年にテレビ朝日系(一部系列局除く)でアニメ化されていますが、この初代版は人気を得ることなく半年で終了した。元々この作品は、主人公武藤遊戯が、様々なゲームを駆使して世の中の悪を倒すという物語であり、劇中のカードゲームはそのうちの一種類に過ぎなかったが、原作及びコナミによって商品化された遊戯王カードゲームの実商品の人気が高まり、テレビ東京系列で再アニメ化の運びとなったものです。アメックスカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。