遊戯王、オレイカルコスの神  ブラックカード

オレイカルコスの神
遊戯は絆の力を信じて「三幻神」を召喚し、倒すことに成功したかのように見えた。しかし、遊戯が脱出しようとしたとき、ダーツと共に本当の姿を現した…。
ダーツが自らの魂を捧げ、復活した「巨大竜リヴァイアサン」。その力は遊戯・海馬・城之内の最強モンスターや「伝説の三騎士」の力をもってしても太刀打ちできない巨大な敵。ブラックカードを使え!

蛇神ゲー
必殺技はインフィニティ・エンド。
「シュノロス」の攻撃力が0になった時、10000以上のLPと手札を全て捧げることで特殊召喚されるモンスター。その攻撃力は∞という恐るべき力を持つ。攻撃のコストとしてデッキから10枚墓地に捨てる必要がある。召喚された時、自分のLPが0になった時に敗北するというルールは無視され、「蛇神ゲー」が破壊された時に敗北となる。最後には、「伝説の三騎士」の無限のループ・絆の力によって
倒される。

いづれにしてもブラックカードが効果的なようです。

デュエルモンスターズ以外のゲームについて

DDM(ダンジョン・ダイス・モンスターズ)
御伽龍児が生み出したゲーム。原作ではこのゲームのオリジナルモンスターが使われたが、アニメでは御伽がペガサスに売り込みをした事により、ブラック・マジシャンなどデュエルモンスターズのモンスターも取り入れられていた。またデュエルモンスターズの方にもこのゲームを参考にしたと思われるカードが作られ、御伽が使用している。
 原作ではDDD(ドラゴン・ダイス&ダンジョンズ)と称されていた。様々な紋章が描かれたダイスを振ってモンスターを召喚。自分が振ったダイスを展開させてダンジョンにしてモンスターを動かし、戦わせる。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。